あったかい日

|

2010/12/26

ちょっとそこまで・・・

自宅から1分くらのところのお友達んちへ♪
この中では一番おにぃちゃんの奏祐。
そして一番こぶりちゃん♪
一番の年下くんは、サイズ80を着こなすBIG BABY☆
年下からお下がりもらえちゃいそうだ♪
うっしっし(^^)v


先日、クリスマスを目前に出産した病院の小児科へ。

「7カ月検診」という体で、久しぶりの診察。

本来ならコンスタントに大きな病院と月交代で通うはずだったのだけど、
心臓の問題が見つかってしまって、そのバランスが崩れたので、
先生も心配してくださっていたよう。

「会いたいし☆7カ月検診しない?」と声をかけてくださった。

親友のお母さんにお迎えに来てもらって病院について
少し待ったところで先生登場♪

久しぶりのBIG SMILE:-)
たまらん安心感。

先生ってすごいね。

先生のオーラひとつ、言葉尻ひとつで、威嚇してるみたいにはりつめた空気を
作り出せたり、びっくりするくらいの安心感を与えられたり・・・

この先生はいつだって安心感を与えてくれる。

産まれたての奏祐を縦に抱いて、私に
「僕はね、ぜったいに幸せになってほしいの♪」
といった先生の心配そうな顔を思い出した。
そしてそのあとすぐに私と話して笑顔になってくれた先生の顔も。


心臓の事。
見つかった経緯からカテーテル検査、そして手術に至るまで
詳細をカルテに聞き取って記入。

ひとしきり診察して奏祐の元気っぷりにニコニコしたそのあと、、、
私の眼を真剣にみつめて

「ほんとによかった・・・」

先生の、心からのその言葉に、集約されたいろんな感情がうずまいて
たまらずこみあげてきた。
海の中で目を開けたみたい。
前に居る先生がぼやーんと見えてしまう。

それをきっかけにまるで同窓会のような会話に・・・

「あの時あんな話したね☆」
「おかーさんあんなこと言ってたよね☆」
「だって先生あんなんいうんだもん☆」
「そうだったっけ???」

とかなんとか・・・

それに、近況や過去の事。。。

先生がNICUにいらした頃、
もつ患者さん患者さん、みんなが離散していったことがあったそう。
さすがのパワフルニコニコさんの先生も
落ち込み涙したことがあったとか・・・

赤ちゃんが未熟児だからだとか、障害をもっているからだとか、
色々な理由で家族が崩壊。

そしてそのたびに責任を問われるのは、
お腹に持っていた母親。

その現実がかなしすぎて、悩み倒したことがあったそう。

だからか・・・

「幸せになってほしい」

ぎゅっと小さくてやわらかな奏祐を抱きしめてそう言った先生のまなざしが、
どうしてそんなにも深い愛情に満ちていたのか・・・
小児科医としての気持ちだけじゃないその人間的な部分。。。
その理由を知れた気がした。

障害にも色々あるし、病気だって色々。
それに、考え方も色々。
「受容」にたどり着くまでの距離や道のりだって様々。。。
最初からの人もいれば、沢山の想いにぶつかって乗り越えなくちゃならない人もいる。

だけど・・・
離散はかなしすぎる。

赤ちゃんが大きくなった時・・・
自分のせいだと思ってしまわないか、他人事なのにものすごく心配な気持ちになった。

英才教育だとかなんだとか色々言う世の中だけど、
一番大事なこと、もっとしっかりかみしめなくちゃと思う。

私も新米。
わからないことだらけ・・・
だけど・・・
これだけは言える。

出産という素晴らしい出会いを経験することが出来て、
小さくてたくましい命を抱きしめることが出来たのなら、
ただしっかりと抱きしめて、愛してると言いたい。

すべてはそこから始まるんだと思う。
そして、そこに詰め込まれてるんだと思う。

クリスマスの日。
家族と過ごせるすばらしさを、
大切な人と過ごせる幸せを、
しっかりとかみしめる日となりました☆

2 コメント:

Ichibarina さんのコメント...

改めてちっくは偉いと思よ!
弱音を吐かずにポジティブに楽しんでいる姿にジェラシーすら覚える。
こんな母に愛されて幸せやね!

chick さんのコメント...

rina***
ありがとう♪
そんな風に言ってもらえるなんて☆☆☆

奏祐が将来、本当に自分が幸せだと心底感じてくれるように、
奏祐から毎日もれなくもらえるそれをちゃんと返していけるように・・・頑張んなくちゃね☆

ま、ぼちぼちでいっか♪
と、自分にあまかったりしちゃうけど(^^;)

素敵なメッセージ、本当にありがとう!
なんか、パワーでる♪

コメントを投稿